カテゴリ:今更シネマ123( 4 )

レプリカント



映画ブレードランナーを久々に観た



c0265773_1535182.jpg





c0265773_15354862.jpg




なんだかいつも雨や霧が降っていて気温15℃湿度90%位の感じの

暗い未来都市のハナシだったわね~(* ̄。 ̄*)?



c0265773_15361066.jpg




ということしか憶えてなかったので新鮮だった





背景だけしか記憶に残っていないがこんなに印象的な映画というのも珍しい









生みの親に


安全装置として設計された4年の寿命を延ばすように要求するレプリカント達





c0265773_15363356.jpg






その凶暴性は凄まじく結構グロいシーンも多々ありだった


もしかしたらそのあたりで観る気を失って最後まで観なかったのかも(*v.v)。


それでストーリーを憶えていなかったのかもしれない


主人公がハリソンフォードじゃなくてブルースウィリスだと思ってたので


冒頭しばらくの間 リメイク? と疑いつつ観ていたΣ\( ̄ー ̄;)






2019年の地球は環境汚染が進んでとても住み難くなっていて


ほとんどの人は他の星へ移住しているのね


→環境汚染はありうるかも でも他星移住はまだ無理でしょう


飛行車も飛んでたけどまだ無理そうだし



c0265773_15365240.jpg




レプリカントは金属でできたロボットじゃなくて人体ロボットなので


血も流せば汗も涙も流す=いつか感情が芽生える 自ら思考するようになる


という設定でした




c0265773_1537832.jpg




c0265773_15373651.jpg





感情も思考もある人間がそれらを押し殺してロボットのように働く


ていうか働かされているという状態は


ある意味人間もレプリカントの一種?












にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
[PR]
by nanoo6B | 2016-01-05 15:43 | 今更シネマ123

今更シネマ123


1いつか観たけどストーリーも何もかもすっかり忘れてしまった映画

2いつか観たかどうかさえ覚えてない映画

3まだ観てなかった映画





******* 今更シネマ2*12モンキーズ ******





私達のしてることはもう起ってて

50億の人間が死滅するのに

誰にも止められないの?





未来など知りたくない

普通の人間に戻りたい

この今が現実で

ここに留まっていたい      あんたと






俺達の過去も

映画をみるのと同じ

映画は同じなのに

見る自分が変わって

違う映画に思える      違うのに気づく




でも起ったことは変えられない      ”あとの祭り”






主人公と精神科医キャサリン(またキャサリンだ\(◎o◎)/)の台詞が

詩のようです







今の金融支配世界を風刺たっぷりにメッタ切りにした台詞

つまり

12モンキーズの狂った首謀者(ブラピ)が精神病院でわめいていたことに


深く肯く







一度観てもワケがわからず


映画の謎解きサイトなどで細々したギモンを解決しつつ


2度3度と観るにつれて


その面白さに舌を巻く\(◎o◎)/








c0265773_16452136.jpg









ジェイムズとキャサリンがバスを降りる時

「自然に」とキャサリン


ふたりとも直前の流血シーンで 血だらけ&まだ流血中 で

目立たないわけがない 

自然に振舞うなんて無理!ヾ(≧▽≦)ノ彡





こんな笑いやトリックがあちこちにちりばめられているので

何度も巻き戻して何度も見直してるうちに

また新しい発見があったりして




この映画サイコーо(ж>▽<)y ☆







今更ですが


ぽちっとにゃ

人気ブログランキングへ
[PR]
by nanoo6B | 2012-12-25 16:58 | 今更シネマ123

告白は本人の前で

今更シネマ123

1いつか観たけどストーリーも何もかもすっかり忘れてしまっていた映画

2いつか観たかどうかさえ覚えてない映画

3まだ観てなかった映画






********** 今更シネマ3 



昨夜熱いココアで火傷しながら観た映画 嵐が丘  つづき*********







馬屋番と一緒になれば その日暮らしの野宿生活



それでもやはり彼を一番愛している 私は彼そのもの!




という熱い告白を乳母にしてしまったキャサリン





偶然物陰で耳にしていたのだが

後ろの一行の方

一番肝心な部分を聴かないで家出してしまった

キレやすいヒースクリフ






c0265773_185465.jpg








ヒースクリフは嵐が丘を去ってからどこで何をしていたの?


キレやすいわりには外国で大成功して大金持ちになったらしいけど


まあどんな扱いを受けても耐えてきた忍耐力もある男だもの・・・・・


それにしても成功にたどりつくまでの原動力が 

すべて 復讐心 に基いている

というところが怖ろしい




裏切られた(と思い込んでしまった)男の

愛に比例する憎しみの強さ





憧れていた好い暮らしを与えてくれる男と結婚し

いいとこの奥様に納まってるキャサリンの実家へ舞い戻ってからの

ヒースクリフの振る舞いは

ほぼストーカー だよね







元カレがこんな風に大変身を遂げて自分の目の前に現れて

嫌がらせだかなんだかわからないようなことをしてきたら

大迷惑!

普通はね











お互い誤解し合ったままで別れてしまい

本当のことを知らないまま

男は復讐のために生き

女は選んだもう一人の相手との偽りの愛を育む









女って打算的~









結局

二人とも気が狂ってしまうしかなかった

特にキャサリンの場合

激しい罪悪感に引き裂かれて

狂気と病気に逃げ込むしか・・・

道がなかったのでしょう









おお なんという悲劇!


ただのモノクロレトロおとぎばなし映画じゃなかった









原本(小説)の方はもっと凄いらしいです








恋する女子!告白は本人の前でしましょうね
 

キレやすい男!告白は最後まで聴け!


ぽちっとにゃ

人気ブログランキングへ
[PR]
by nanoo6B | 2012-12-24 18:12 | 今更シネマ123

古いモノクロ映画だった




今更シネマ123

1いつか観たけどストーリーも何もかもすっかり忘れてしまっていた映画

2いつか観たかどうかさえ覚えてない映画

3まだ観てなかった映画












********** 今更シネマ3 嵐が丘 **********









吹雪で立ち往生してしまった男が避難を求めて立ち寄った家に棲む

風変わりな家族


頼み込んで泊めてもらった部屋の窓を叩く風の音




ヒースクリフ! 私よ キャシーよ 寒いの! 窓を開けて中に入れて!



悲鳴のようにも聞こえる嵐の音とともに窓が開き

冷たい雪が吹き込んでくる



旅人が窓を閉めようとするとそこには髪の長い女が(((((´ロ`ノ)ノ







母代わりとして仕えてきた召使の語る

誰に対しても敵意しか示さない家主と

その髪の長い女との恋の経緯(いきさつ)を

書き留める旅人



という設定で話が進み

最後

旅人の目の前で奇跡が・・・\(◎o◎)/




という

少しホラーな香りのする御伽噺に仕上がってました






c0265773_22563189.jpg








原作は

もっとドロドロしていてフクザツな小説だったような記憶が・・・・・





眠れぬ夜に

熱いココアを飲みながら観るとよいかもしれません








熱っっ!(>Д<;;


ぽちっとにゃ

人気ブログランキングへ
[PR]
by nanoo6B | 2012-12-23 22:59 | 今更シネマ123