カテゴリ:本( 2 )

図書館の本



ずっと前に図書館で借りた本が


数ページにわたって紙魚(シミ)の死骸とチョコレートの染みで汚染されていました


それ以来図書館の本は滅多に借りたことがありません





お金もなく 睡眠薬代わりに読むために仕方なくたまに買う中古本は


光沢のある表紙なら読む前にアルコールを含ませたティッテュで拭き


中も必ずあらためてから(ゴミ箱の上で逆さにしてパラパラしてから)読むようにしています




友達が送ってくれた中古文庫本の中に髪の毛がいっぱい挟まっていたこともあります


床屋さんに置いてあったことがあるのでしょうね








c0265773_1434778.jpg









さて ある人が図書館で借りた大変面白いシリーズ本4巻の中の


2巻目だけ置いてないことに気付き


Amazonで中古を買って読み 他巻と同じくとても面白かったので


全部読みたいのに2巻目だけ ない~ヽ(`Д´#)ノ


と思った自分のような人のために


その2巻目を寄贈しようと思い立ちました



図書館へ申し出ると





その本の寄贈は受け付けられません





と 断られたそうです( ºωº )







寄贈しようと思った経緯と理由を言わなかったらしいので


その辺の説明を然るべき人にもっとしていれば納得して受け取ってもらえたのかな


とも思うのですがーー;








司書(またはボランティア)の方に理由を訊くと


「発行年が古いものや購読希望の少ないものは断られる場合が多いようで・・」


とかなんとか・・・要領を得ない説明だったとのこと



まあ むやみやたらに不要になった本を寄贈されて


不要本回収施設みたいになるのを防ぐためにも


寄贈のマニュアルがあるのかもしれません


残念(*v.v)。









で 結局その知人


他のシリーズ3巻も購入し4巻とも揃える予定とのこと




しばらく手元に置いておいて(感動の)ほとぼりが醒めたら


友人に寄贈するそうですヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ













にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
[PR]
by nanoo6B | 2015-06-13 14:43 |

最近読んだ涙腺決壊本



神は白人だと思っている人もいる

それは大昔にやってきた宣教師たちの考えで

どうやらそれが人々の頭に残っているようだ

わしはそうは思わない

白人と黒人の間にはなんのちがいもないから

わしらは皆同じだ

ただの人間にすぎない




わしは祖国を愛し ツワナ人であることを誇りに思っている

アフリカじゅうを探しても わしらのようにちゃんと胸を張れる国は他にない

ボツワナには政治犯はひとりもいない

この国には民主主義がある

何事にも気を配り 的確な判断を下してきた

ボツワナ銀行には ダイヤモンドから得た金がたんまりある

借金はまったくない






イギリス政府の支配下にあったときは

貧しい若者はヨハネスブルグの鉱山で過酷で危険な重労働を課せられた

坑内の塵を吸い込むことで塵肺になる

落盤や横抗への落下で命を落とすこともある

どんな白人労働者に当たるかということも生き残りの可能性を左右する

運悪く

癇癪をおこして労働者を殴る白人監督や見て見ぬふりをする鉱夫頭に当り

我慢できずに白人を殴り返してしまったら刑務所行きとなる

たちの悪い鉱夫仲間にこっそり殺されることさえある







運良く 善い白人監督に当り

過酷な鉱山労働から命からがら身を引いて故郷に戻ってきた

真面目で賢いお父さんが残してくれた遺産を元手に

№1レディース探偵社を立ち上げた マ・ラモツエ の女探偵物語





鋭い観察力とあっと驚くような解決法



c0265773_2321768.jpg





勇気と行動力に感動するだけじゃなく

涙腺を刺激するイ~イ話があちこちにちりばめられていました




同級生から受けた性的嫌がらせの撃退法 とか

コブラを車に巻き込んでしまったときの対処法とか

・・・役に立つ(笑)おおらかなアフリカの知恵もいっぱい詰まっているし











アフリカには変わってほしくない

仲間たちには万人のようになってほしくない

魂のこもっていない 自分勝手な アフリカ人である意義を忘れているような

さらにひどい場合にはアフリカを恥じているような

そういう人間にはなってほしくない

マ・ラモツエはアフリカ人以外の何者でもない

たとえ誰かが近づいてきて

「これは最新の発明品です この薬を飲めばアメリカ人になれます」

と言っても断るだろう

いるもんですか

おあいにくさま





物質的な豊かさは受け入れながら

お父さんの生まれ育った時代にはまだ生きていた

アフリカの精霊達の教えに恥じない生き方をして

それを伝えようとする崇高なアフリカ魂を

ラモツエさんはお持ちのようです




外からの一方的な価値観の押し付けや侵略に屈しない

すべての先住民族共通の魂のようなもの

失われつつあることに心痛めながら

ボツワナ唯一の女探偵は今日も事件をゆる~く解きほぐすのでした(*゜▽゜ノノ゛☆









現地の女性目線で描かれているので

作者は当然ボツワナ人の女性 と思っていたのに

ジンバブエ生まれのスコットランド人(男性)だそうで・・

これにはびつくり\(◎o◎)/













にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
[PR]
by nanoo6B | 2015-06-11 23:35 |