他に何も要らなかったのに




透明な水と太陽と木の実と果物と小さな畑さえあれば



他に何も要らなかったのに




c0265773_23294092.jpg





ある日ぴかぴかの船でやって来た男たちが




「お前達 裸同然で恥ずかしくないのか?


それにこの貧しさ!


もっと豊かな暮らしを教えてやろう」




と言って






木木を切り倒し


土を砂や小石で固めたもので埋め尽くし まだ息をしていた草を薬で枯らした






金属とガラスで背の高い建物を建て


湿気や暑さ それに寒さまで防ぐ機械を取り付け


その中で一年中長袖の服を着て過ごすようになった人々は


自分達の元居た場所がわからなくなってしまったので


金属とガラスでできた機械に乗って虚しく走り続けるようになった









くっきりと舟影が映っていた水底の珊瑚は



最初にやって来た男達の仲間や海賊を乗せて運ぶための



ピカピカの大きな船や空飛ぶ船が出入りする港の下敷きになり



イルカも魚たちも豊かな暮らしから流れ出る毒に殺られて姿を消した






c0265773_2331389.jpg








水は 海は黒く濁っていった





c0265773_23312411.jpg






澄んでいても毒を含んでいた







c0265773_23314335.jpg








未来永劫消えない毒を贈り続ける












善い人にも 悪い人にも 平等に










King Crimson – Islands




風の下に 波は変わる

永遠のやすらぎに

島々は手を携えあう

天の大海の下に








にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
[PR]
by nanoo6B | 2015-03-10 23:40 | 思うこと