躾か虐待か

小さな部屋に大きな勉強机が3つ並んでいて

その中の一つが

幼馴染Kの机だった


残りの2つは妹達のだと言う





整然と片付いている自分の机の上の30センチ定規を見ながら


「うちはお母さんがすごく厳しくてね

 姿勢が悪いとすっごく怒られる!

 特に勉強してる時にちょっとでも背中が曲がってると

 コレで叩かれるの

 その後しばらく背中に定規を挿されたままになる

 とにかくいつも家の中では姿勢を注意されてばかりで

 妹達もよく泣いてることがあるし

 自分も泣くこともある」




毎日のように一緒に遊んでいたKの家にたまたま遊びに行ったときに

そんなことを打ち明けられてびっくりしたことを憶えている

小学校4?5?年の頃だったかな~?




その時の様子ではそれほど深刻な事態には思えなかったし

たとえそうであったとしても

当時の幼い自分では理解力も判断力も解決能力も

ゼロだったに違いないので どの道

ちょっとびっくりしながら聞き流すぐらいしかできなかったことだろう





今となればまあ色々と・・・





あれはもしかして虐待だったのかもしれない?


だって子供が・・・少なくともある程度聞き分けできるような年齢の

小学生の子が泣くほど

叩いたり強制したりするのは躾にしては行き過ぎ

=虐待なんじゃない?



う~ん((( =ω=))) でも

K一人だけがそうされてて妹たちは免れていたのなら

虐待なのかもしれないけど

子供全員がそうだったのだから

ママの方針 子育てへの偏った拘り

(あるいは単に猫背が嫌いなママだった)による

少し厳し過ぎるけど単なる躾のひとつだったのかもしれない





・・などと考えるわけですが(。-`ω´-)






そういえば学校でもKは常に姿勢がすばらしく良かったので

背中に30センチ定規をいれているのかと

何度か軽く触って確認したのですが

何も入っていませんでした


学校や外にいる時は

目に見えない30センチの定規

いつも背中に挿していたようです




彼女 元々スタイルもよくて可愛かったので

大きくなるにつれモデルみたいになってました




c0265773_13463516.jpg











この話を友人Zにして

躾と虐待どっちだったと思うか? と訊いたら


「うーーーーむ(。-`ω´-)

 30センチの定規だから躾だな

 50センチだったら虐待だよ」


「??なんで??」


「50センチだと

 
服からはみ出して頭まで届くから





などとわけのわからないことを言ってました










にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村
[PR]
by nanoo6B | 2013-10-24 13:59 | 思うこと