9月に入ってからのナニコレ




8月はほとんど雨か曇りだったような気がしますが・・

たまに晴れて空にカメラを向けたときには

ブレないように窓枠に腕を固定しようとして

火傷しそうになりましたヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ





今年の3月6日

太陽周りにそれまで見たこともないほどの無数のオーブが写っていたので

なんとなく 次は9月6日かも・・・とボンヤリ考えていたのですが

結局6日は雨だったようで記録が残っていません

・・で 

比較的たくさんのオーブがかなりくっきりと写っていたのが9月2日でした




9月2日のオーブたち







9月2日の何これ?













珍しく風が強い日







珍しく風が強い日のナニコレ













このごろよくみる空模様













9月14日の何これ?













またまたうろこ雲











秋の澄んだ風がエアロゾルを吹き飛ばす!





これから良い季節になりま





・・・すように














にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村























■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-09-16 13:36 | ピース | Trackback | Comments(0) 

耳栓の出番です





長時間車内に閉じ込められる旅をするときの必需品は耳栓です

ipodでも何でもいいんですが・・・














旅行という異空間 非日常に放り出されて途惑いながら

いつもの日常をそのまま

その閉じられた空間でどうしようもなく曝け出してしまう家族




少し遠くへ出かけることが“よそ行き”だった時代には

普段とはちがうものを着せられたりして

立ち居振る舞いも子供ながらどことなく意識したりするような

緊張感みたいなものがあったように思うのですが・・



気軽に気楽に遠出できる時代になり

いつもの顔ぶれのまま場所が変わり周りの様子がちがうだけなので

緊張感よりも高揚感や興奮みたいなもののほうに

親子揃って圧倒されてしまうのかもしれません


親子の集団に限らず大人の団体旅行のグループだって

とんでもなく恥ずかしいことを平気でやっているようなことがありますね




ファミリーカーとか専用バスで移動するのならそれでも構わないのでしょうけど







赤さんが泣くのはまあ仕方ないとして

問題は一時もじっとして黙っていられない幼児と乗り合わせたときですね

何か食べてるか寝てるかの状態から醒めるともう大変です

そこら中駆け回る 奇声をあげる 大声で喋る 喧嘩する

泣く 喚く 前の座席を足で蹴る 物を投げ散らかす・・

自分が子供だった頃の子供の中にそんなことをする子は1人もいませんでした

息子が幼稚園だった頃に30人に1人ぐらいいました

今は・・それ程珍しくもないのでしょうか(怖)





子供が騒がしくなってきた時の親の対応はくっきり2通りに分かれます

周りに気を遣ってなんとかしようとする親と

な~~~んもしない親




この な~~~んもしない親に対しては

その場に居合わせた大人のほぼ全員が腹立たしく思っていますが

子供なんてそんなもんだから仕方ない 親も大変だよね・・と

頭ではわかっているので

皆なんとか我慢しようとするのです

まあ・・面倒臭い 関わりあいたくない というのもあるかもしれませんが(。-`ω´-)









気の毒にたまたま席がすぐ傍になってしまい迷惑を被っている方

のことを考えるとさらに気分が落ち込みますし



な~~~んもしない親はまあ腹立たしいですけど

かといって周りに気を遣っている親というのも離れた席からでもよくわかるので

その気持を考えるといたたまれなくなります








ガマンしきれなくなった人が子供を叱ったり注意したりすると

な~~~んもしない親ほど睨み返してくるのだそうで・・








列車の中ではありませんが ある閉ざされた狭い空間で

知人が先日まさにその ガマンしきれなくなった人 になってしまい

睨み返されたのでますます頭に来て親を口汚く罵ってしまったそうです

親はすぐ子供を連れてどこかへ出て行き

その どこか で再び顔を合わせる羽目になり

最後まで折れ合うことはなかったとのこと





ガマンしきれなくなった方の言い分は

躾がなっとらん!



親の言い分

それぐらいのことでどうこう言われる筋合いはない!

そんなこといちいち言われてたら子育てなんかやってられん!


(まあ 大目に見てほしい ということでしょうか)




結局 売り言葉に買い言葉の修羅場で終わったらしいです




罵倒しないで何かもっと穏やかな言い方ができなかったのか

などと暢気に考えられるのはその場に居合わせなかったからでしょう

冷静になれないほどの状況だったからそういう対処しかできなかったのだろうし


それでもやはりちょっとオトナゲなかったのでは?

と 正直思いましたが・・










先日乗った新幹線の車内でもとうとう

我慢の限界が来てグズリ出した子 大声でのお喋りが止まらない子

泣き出す赤さん などの子供シンフォニーが始まったので

準備していた耳栓を装着しました





耳栓持ってきてよかった~(゜∀゜)

でも完全に音が消えたわけじゃないけど(*- -)(*_ _)

夏休みじゃなくて空いてたら 別車両に逃げ出すかな? 

もしガマンしきれなくなった人がいて怒鳴りだしたらイヤだな

ーーー親爺の怒鳴り声より子供の声のほうがまだマシ?

だよね?  平和だもん(>Д<;; 




春夏冬休みの間だけでも

楽しい子供シンフォニー専用車両があればいいのに と思ったり


いやいや やはり一般車両で社会的経験を積む(=たまには叱られた)方が

親子のためにはなるかもしれない 

そのためには怒鳴る親爺というのもいたほうがいいのかも と思ったりもします











にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村






















Tags:# 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-09-06 11:55 | 思うこと | Trackback | Comments(0) 

迷惑電話撃退最新機能



もう20年以上も使っていて

コードがむき出しになっていても繋がるし

まずめったに使わないし かかっても来ないしで

たぶん買い換えることはないかも と思っていたのですが 

たまに使う時に

受話器からの声が聞き取りにくかったり雑音が入ったりするようになったので

そろそろ寿命かも と思い

FAX電話機を買い換えました



以前の真っ黒FAX電話に比べると色白でとてもコンパクト

こんな小さな箱の中に面白そうな機能満載のようです

取説をざっと読んだ限りでは

便利過ぎて 少しでも使い方を間違うと焦ったり困ったりしそうなので

あまり必要なさそうな高機能な設定はしないでおこうと思いました

もともと会話をするための機械なので

それ以外の機能は使わなければいいのでしょうけど

読み進むと「へぇ~ こんなことも\(◎o◎)/ そんなこともできるんだ~」

と どんどん興味が湧いてきます




しかし取説ってまるで・・

目的地に着くまでにさんざん回り道させられる迷路案内地図・・・

しかも文章で書いてあるので回りくどくて判り難いこと極まりないですね 


人に道を尋ねられたときに余計なことをいっぱい教えて混乱させていた(爆)

私の父みたいです

AからBまで10分ぐらいで着くのに父の言うとおりにすると30分以上かかります




手始めに年月日と時間設定と音量調節をして

それ以降の色々ややこしくて壁に投げつけたくなる操作方法を読んでいたら

眠くなってきたので

寝てしまいました










「新しい電話 迷惑電話っていうボタンと1~3のボタンを押すと色んなやり方で

お断りするようなメッセージがそれぞれ流れるんだって!最新型はすごいね~」

と言ったら夫が


「迷惑がかかってきたら俺を呼んでくれたら

最新式のお断りメッセージで

即撃退
してやるよ」・・・ってヾ(--;)


夫の場合

最新式のお断りメッセージとは最強の脅し文句のことですから

((( =ω=)))ガクガクブルブル


録音しておいて流せばその相手からは2度とかかってこないと思います











にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村





















■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-09-03 11:19 | 友達 家族 | Trackback | Comments(0) 

脳の病と性格の病



重い心の病を抱えた友人



思春期に発病した頃はまだ今ほど世間一般に認識されてなくて

十把一絡げで 自律神経失調症 と言われていたそうです



悲観 落ち込み 感情麻痺・・

落ち込んで身体が重くなり動けなくなる状態は知っていますが

悲しいのに泣けない苦しさというのはまだ味わったことがないので

到底理解できない領域です

リストカットの代わりに自分根性焼き

(=自分で自分の手の甲にタバコを押し付ける)をしていたらしい

壮絶な傷跡がまだくっきり残っています



健康で容姿にも恵まれ家庭環境も悪くなく何をそんなに悲観するのかと

不思議に思えるような人なのですが天は二物を与えなかったのでしょうか



遺伝的なものもあるかもしれないし

それに加えて男は泣くもんじゃないとか

親の期待に応えなくてはいけないのに思うように進めない

などという社会的ストレスの積み重ねで

感情のコントロールが出来難くなったのかもしれません




「泣きたいのを我慢する癖がついてるからダメなんじゃない?

  泣ける映画とかいっぱい観て泣く練習をしなさいよ~」

とかいっても

恐怖映画や悲劇は最初から観たくない 絶対観ない!

というから・・・・・・・





どうしようもないですね(。-`ω´-)




そりゃあ生きてること自体大変な悲劇だってことはわかるけど

ある程度忘れたりてきとーにあしらったりして臨機応変その都度

自分を誤魔化したりなだめたりしながらなんとかやっていける人と

そうでない人の違いってどこにあるんでしょう



やはり最後は脳の器質 機能の問題なのか?



それとも心の持ち方?




まあ両方ともが上手く行かない状態を病気というのでしょうけど






最近の医療は経済優先で

心のケアより化学的なケア重視 のようで

薬でハッピーになってる友人をみていると

こんなんでいいのか? 依存症になって最後は人格崩壊するのでは?

と とても心配です




かといって心の持ち方を改善せよとどんなに周りが言ったって

本人が自覚して余程努力しない限り無理でしょうし((( =ω=)))







ずっと前にメモしておいた 精神医療にたずさわる方の言葉:

心の病には、脳の病と性格の病がある。
脳の病には薬がよく効く。それで病気は治るか、少なくとも状態が改善される。
性格の病には薬は効かない。多くの場合、悪くなる。
残念なことに、今のところ、脳の病と性格の病とをはっきり見分ける方法は無い。
脳の病なら薬でよくなる見込みが大きいから、とりあえず薬を出すほかない。











にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村






















Tags:# 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-28 21:32 | 友達 家族 | Trackback | Comments(0) 

とても薄いです






「引越で処分しなければならないんだけど

捨てるのももったいないし・・読む?」


「読む読む~!!」


ということで友人から送ってもらったみかん箱いっぱいの文庫本





その中の


男の言動に昔の騎士道精神や保護本能のようなものを少しでも嗅ぎ取ると

たちまち牙をむく


不正や誤魔化しを許さず 

真実を見極めるまでは決して妥協しない女探偵


のシリーズを読んでいます




最初の登場人物一覧を見ただけでも




ざっと20人ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ











例えば主人公の親友でもあるロティという名前は

登場回数が多いのですぐに憶えられます



別の場面で「ハーシェルが・・」とか書いてあると

「ハーシェルって誰?」 ってことになり

一覧に戻って 「なーんだ ロティ・ハーシェル・・・ロティのことだったのか」

と ようやくわかったりするのです

出番が少ない人でもストーリーに全く無関係ではないわけなので

一応アタマに入れておかなければならないし

しかもその名前そのものだって愛称や略称にコロコロ変わることがあるし・・・




・・・・こんな調子で名前と苗字が入れ替わり立ち代わり出てくるので

結局登場人物はざっと40人ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ 

ということになってしまい

その都度一覧表に戻って確認しながら読んでいると

長編だと半分までも行かないうちにだんだん面倒臭くなり

「この人誰だっけ?」と思いつつ確認しないまま

なんとなくストーリーだけ追ってボンヤリ読み進んでいくうちに

なんとなく読み終わってしまい

謎が解けつつあるときのワクワク感や

解けたときの開放感とか感動みたいなものが

とても薄いです









そもそも登場人物が多過ぎるのよヽ(`Д´#)ノ









ていうか自分の記憶力・・・?










とても

薄いですヽ(`Д´#)ノ









にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

























Tags:# 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-25 13:18 | 思うこと | Trackback | Comments(0) 

ごくろうさまにムカツクヽ(`Д´#)ノ





あれだけきれい好きだった自分が信じられないほど長い間

掃除をしていなかった



流石にイラついてきたので掃除機をかけ

目に付くところはすべてピカピカにして

相方がまた何と言うのか

楽しみにしてました





「ごくろうさま」  


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!    (。-`ω´-) やっぱし







御苦労様と言われると何故か毎度ムカツクのです

上から目線というか・・それって 

部下召使下男下女の仕事に対するねぎらいの言葉遣いでしょ!?

と思ってしまう



相手は労って感謝してさえいるかもしれないのに(それはナイナイヾ(--;))

なんでこんなにムカツクのか?



家事掃除は妻の仕事 と思っている夫と

家事掃除は仕事ではなくボランティア と思ってる妻の

見解の相違

なのだと思います



それと言葉のセンスの問題




もし感謝してたら ありがとう って言うでしょ普通




別に特に感謝の言葉なんて要らないんですけどね

ボランティアなので



そこをわざわざ「ご苦労」なんて言われると

「え? 私ってこの家に雇われてる下女?

          それにしては無給なんですけど~」

などと捻くれたことを考えてしまう







というわけで

これからもずっと

自分が掃除をする度に相方がどういうリアクションをするのかを

静かに観察して行こうと思います





「御苦労」 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

のまま一生終わるのか



「ありがとう」 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

に変わることがあるのか



それとも何か他の展開になるのか




ある意味楽しみです











にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村


























Tags:# 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-20 15:47 | 思うこと | Trackback | Comments(0) 

プラスチックな雲とLEDな太陽



また7月の梅雨の頃に戻ったような蒸し暑さ





アクリルアートみたいな空と雲





太陽はせっせと撒かれたスプレイの向うで霞んでるし





光の量が少ないせいか眠くて眠くて・・・・








今の世界各地の天変地異の原因は磁極移動だとかいう説も

それを利用して人口削減計画を実施している勢力があるという説も

なんとなく肯ける気がする






そんな勢力と繋がってるかもしれない企業の利益のみ優先させて

体力のない薄利企業は税収がショボイので容赦なく切り捨て

失業者と非正規雇用者を増やすことで景気悪化のサイクルをつくり

そのうえさらに移民を増やして国民の仕事を奪い

未来に希望を持てず家庭など持とうともしない若者を増やし

たとえ結婚したとしても

育児にかける時間もお金もない家庭を増やすことで出生率をさらに下げ

女性を働かせることで育児に専念できる時間を奪ったうえに

働く女性からは正々堂々と税金を徴収することができる

そして仕事を持つ女性や家庭から育児を委託された専門機関からも税収がある



女性の社会進出とかいったって

所詮オトコ社会の枠組み(つまり人より金の経済最優先主義)

からはみ出さないように用心しながら奴隷仕事をし

その上さらに差別や違和感と闘って疲れ果てるだけ

かもしれないし・・(*v.v)。







国のために生まれてきたんじゃないし

産んだのでもないよ









にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

























Tags:# # # 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-16 18:09 | ピース | Trackback | Comments(0) 

最近やっと気がついた




リビングの幅または奥行きの半分近くを占める大画面テレビ



\(◎o◎)/



身近な親戚関係の家では最近大抵そうなってきていて


訪れるたびに


ひゃ~~グロテスク~о(ж>▽<)y ☆


と思ってしまうのだけど・・






あんなに大きなスクリーンを見ていたら


絶対洗脳されるよねー




これまで小さな受像機で時々覗いてた世界が


どどーーーんと視界のほとんどを占領するようになったら


何かこう・・・・・・・時々覗くという能動性さえ奪われかねないというか


現実と 与えられた非現実 の区別がつきにくくなるというか



判断力のない子供とか判断力が弱くなってるお年寄りなんかが特に


スクリーンの向う側からのメッセージに


簡単に嵌められてしまいそう







商品の良いイメージだけ繰り返し強調して


品数・時間限定で焦らせて買わせるテレビショッピングは


催眠商法臭い



具体的な商品説明ではなく次から次へと新製品の名を借りて


社名やブランド名を広報しているだけのCMも然り



要らないものを際限なく買わされていることに


気づいたときはもう遅い








近頃やたら戦う場面の多いアニメ番組も何だか変だし



・・もちろん子供は昔から


戦う というか全身使って暴れ捲るのが大好きなんだけど


テレビやゲームの架空の世界で戦ってる間に


現実は離れて行く


少なくとも身体能力と思考力は劣化する








お年寄り子供を問わず判断力の弱っている人間が


あの迫力ある大画面でますます操縦しやすくなるに違いない















今の介護制度って

皆でお金を出し合って介護に関わる家族の負担を軽くしようね

という目的で作られたのかな?



と言ったら夫は




いやいや 

皆からお金を巻上げて

さらに介護業界からも巻上げる

という目的だよ



って・・( ̄m ̄〃)









大画面の向こう側で笑っているのは誰かってことに気付いたら

そのことを意識して見てないかぎり簡単に騙される



特に報道番組は

鵜呑みにしないように相当気をつけていないと

向こう側の人たちの思うツボ


政治家 学者 専門家 達のしたり顔にご用心


彼らは役者にすぎないってことに

最近やっと気がついた












にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村





























Tags:# 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-12 15:09 | 思うこと | Trackback | Comments(0) 

台風がやってくる



二日ほど前の方が風が強かったですよ


台風11号が まだまだ遠くにいた時の方が







空も晴れて


雲がビュンビュン飛ぶように流れてた













8月5日の9時ごろの太陽









上の方にこんなものが写っていました










その日の北東の空














今夜あたりから







本格的に荒れるのでしょうか










中心から随分離れたところに被害が出たりするので


気が許せませんね


日本全国どこでもすべて要警戒です











にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村


























■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-09 11:54 | ピース | Trackback | Comments(0) 

夏の床屋に要注意



この前Mちゃんが散髪から帰ってきたときのこと






「きょうは酷い目にあった」





どしたん?





「散髪屋に着いたら空いててすぐ呼ばれたのはよかったんだけど

いきなりベビーパウダーをパタパタ塗ったくられて

首から顔面まで大福餅みたいに真っ白にされちまったよう(>Д<;;」







たぶんこんな感じだったんでしょ








それか こんな感じ?









ヾ(≧▽≦)ノ彡






床屋さんでは

刈り取った毛が汗にくっついて取れにくくなるのを防ぐために

あらかじめ粉を塗っておくのだそうです


Mちゃん汗っかきだからね~













そろそろまた行かないといけないんだけど

また大福餅にされるんだろうなー


と ちょっと警戒しているようです






私は

刈りたての頭をナデナデヾヾ(( ̄∀ ̄)

するのを楽しみにしています










にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村





























Tags:# 
■  [PR]

# by nanoo6B | 2014-08-06 13:50 | 友達 家族 | Trackback | Comments(0) 

< 前のページ 次のページ >