< 前のページ次のページ >

通信貧乏



「ガラケーでちょっと長い時間会話しただけで

いつもより500円も請求額が多かった」


と家族が言う


「不景気の原因はケータイだ!」 とも(。-`ω´-)・・・( ・_・)ナンデ?



たしかに 言われてみれば

月々何千円も何万円も

携帯スマホPCなどに支払っていることの異常さに

そろそろ気付いた方が良いのかもしれません



若い人ほど(繋がりたい気持が強いから・・たぶん;)

通信費が生活費を圧迫して

自立や結婚をためらう原因のひとつになっているのではないのか?



固定電話しかなかった頃に比べると

今時の通信費ってどんだけ~?


たぶん少なくとも5倍以上にはなっているでしょ

PCやスマホを入れたらもっともっと・・10倍ぐらい?


とにかく途方もない金額を

コミュニケーションにつぎ込んでいることは確かです

異常です






そういえばケータイのなかった頃は

余程大事な用事でもない限り電話することもなかったし

外からだと公衆電話ボックスで10円玉を何枚も用意して

料金を気にしながら電話してたもんね

それがテレフォンカードになってからは

通話料を気にすることもあまりなくなり

ケータイになってからはますます気にならなくなった

料金は後払いのときに気にすればいい

とりあえずその時点では何も気にせず会話に集中できる

ーーーこれがアブナイと思うのだけどねぇ(; ̄ェ ̄)












ほぼすべての通信はケータイで事足りるから

家庭の固定電話なんて実質 存在意義がなくなっているのかもしれない

無差別にかかってくる詐欺・勧誘の類も多いので

むしろ邪魔と感じることさえあるし

鬱陶しいから常に留守電にしている という人も多い



私は基本 電話嫌い なので(タマシイを抜かれるからヾ(≧▽≦)ノ彡)

ほとんど使わないのに無駄に基本料金を払っている固定電話も

解約してもいいと常々思っているし



胸ポケットや尻ポケットの中から

人体を蝕むといわれている有害な電磁波を出し続け

いつ不快な電子音で呼び出されるかとビクビクしていなければならない

ストレスフルな代物=ケータイ=なども本当は持ちたくない


ので自分の部屋のなるべく手の届き難いところに

黒いケースに入れて置き(ほとんど危険物扱い~~;)

気が向いたときだけチェックするようにしている


すると昼過ぎに昨夜の着信とかを発見し

慌てて折り返し返信したりしなければならなくなり

それでますます鬱陶しくなる


ったくケータイなんてトイレに流してしまいたい( 。・・)/⌒□ポイ









なんのハナシだったっけ?






そうそう 通信費のこと






固定電話を解約すれば基本料金だけでも年間約2万円の節約

ガラケーは一人あたり約2~3万の節約になる

基本料金だけで合わせて年間4~5万は大きい 痛い(>Д<;;

しかし

電話がないとやはり不便だし 何かあったときには困るので

結局両方ともそのままにしておかざるをえません




プリケーが復活しないかな~・・あれは使った分だけの支払いという

きわめて合理的なシステムなので企業はあまり儲からないのでしょうね

何だかんだ言ってシステムを複雑にし

お客様からお金を搾り取るのが通信企業の仕事ですから















にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村





























■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-27 10:42 | ピース | Trackback | Comments(0)

同類


Thank you!










何事も素直に聞き入れない

というか自分が体験して納得するまで何も信じない頑固な経験主義者で

人生の進み具合が普通の人より何倍も遅い



特に年上の経験者から言われることにはとりあえず密かに反発( ̄m ̄〃)

暖簾に腕押し馬耳東風

同年代やそれ以下からの意見などはほぼ無視

どんな活字や放送もすんなり受け入れることも従うこともなく

容量の決して大きくない頭で考えハートで感じたことだけを信じて行動する




サウイフモノニ ワタシハナッテシマッタ

のですが・・・





習い事(しませんが^^;)などでは

講師や教師から真っ先に嫌われるタイプですね

絶対に最初の一歩ぐらいまでしか素直に従いませんから

そのかわり面白いと思ったらとことん自己流で極める

職人気質なのかもしれません











それでも長い間生きていれば


やはりあの人が常々言っていたことは正しかった とか


あのときの忠告に耳を傾けておけばよかった とか


今になってようやくわかってくることもあるのだな


とつくづく思うこともあります






たとえば

野菜中心の和食を丁寧に手作りし

住居や家具に関しては流行に乗せられた無駄な安物ではなく

長く使える高品質な物を購入するという考え方や

借金をしたり

ローンで大きな買物をすることの危険性や馬鹿馬鹿しさを指摘していた

義母の堅実さ 質実剛健なところを

今になって見直したりします




やっとわかったの? もう遅いわ! と言われるかもしれないけど

これが自分のペースなので・・(。。;)





結局反抗して失敗したのか?

というとそうでもなく

疑いつつ 実際はとりあえずやってみて

腑に落ちれば受け入れ

腑に落ちない場合は自己判断で即 手を引いたので

大きな怪我をすることもなく

悪い結果を誰かのせいにすることもなく

なんとかやってこれたのではないかと思います







あからさまに反抗するわけじゃない

かといってすんなり従うこともない

物事の裏を見極めるまで納得できない

というなんとも扱い難い人間ですが



しかしそういう疑い深さというのは

生きて行くうえでかなり強力な武器になりうるのではないでしょうか







で この 頑固な経験主義的生き方



そっくりそのまま義母の生き方です\(◎o◎)/





私達 同類だったのね(笑)













にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村




























■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-22 13:30 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

さよならお姉さん



それから数年後

お姉さんは結婚した



前の彼氏とは結局結ばれず

私の知らない他の誰かと・・・




詳しい経緯を知らないまま

私とお姉さんはお互いの小さな子供達を連れて会ったり

子育てが一段落するとまた時々思い出したようにお茶したり

を繰り返していた





最初の頃はとてもシアワセそうだった

毎日どうしてるの? と訊いたら

「うん 台所でお義母さんの後ろで お茶碗持ってウロウロしてる♪」

って






それからしばらくしてから会った時

お姉さんの顔が物凄く怖くなっていた

額に5本ぐらい横皺が寄り ほうれい線が深まり 口角が下がり

・・・子供が見たら泣き出しそうな般若の顔だった

そのあまりの変貌振りに内心驚きつつ

平静を装っていつものように話を聴く



同居の舅姑さんと上手くいってなかったらしく

気苦労の耐えない時期だったようだ







その後久々に会ったときはまた元の

湯上り卵肌美人お姉さんに戻っていた






「もう一切関わらないようにしたの

  間借りしてる他人 みたいな感じ」


と清清しく言ってたので

意識して嫁であることをやめて

吹っ切れたのかもしれない




無理して頑張って我慢ばかりしてるお姉さんが

楽になれてよかったと思った



















新しい自分の家族のために何としても働く

とか

家族を守る

とか

考えようともしない男もいるのだな



逆性差別って言われそうな気もするけど・・




男は女房子供を養ってナンボ

などというのは

もはや古い考え方なのか







お姉さんの選んだ相手は

跡継ぎだからいつかは自宅も自分のものになる

とでも思ったのか

生まれた家から一歩も出ることもせず

フリーター感覚で職を転転とし続けた


自分の家族を持ってさえ・・・・・



だからお姉さんはずっと働き詰めだった

立ちくらみで何度も倒れながら

立ち仕事で腫れた足を引き摺って子供たちのために働いてた





いつだったか

知っている美味しいピザ屋があるからと

連れて行ってくれたことがあった



店長さんに声をかけて

「前は痩せてたから もう誰だかわからないかと思った」



太ったことをすごく気にしてるみたいだった


彼女が働いてた頃の同僚で その後昇進した若い店長さんは

彼女のことを憶えていてとても愛想好く親切で

パフェかなんかをサービスしてくれた



そのとき昔の話になって


私を映画に誘ったら

「映画なんて一人で観に行くもんだ」

と言われた

・・って((( =ω=)))



そういえばそんなこと言ったっけ?そのときまですっかり忘れてた
 


責めるわけでもなくただそのことを何度も言うので

私は心から反省して 何度も謝った






それからしばらくは会うこともなく

とうとう年賀状で消息を知る仲 となり果てた







ある日

とても珍しいことにこちらから電話した


電話嫌いの自分にとっては苦行だったけど

いつもお姉さんから気にかけてもらっているばかりだったことに気付いたのと

妙な焦燥感にかられて・・・




ひとしきり近況を報告しあった後で

彼女がまた例の映画の件を言い出したので

またまた私は何度もごめんねをくりかえした

こんなに謝ってるのに

いつまでも許してもらえないんだな と思うと

悲しくなった





次の年に届いた年賀状が上下逆に印刷されてた


お姉さん失敗したのね~( ̄∇ ̄;)ハハハ


でもそんなことは初めてだったし

いつも添えられてたひとことがなかったので

ちょっと心配になった

もしかして例の映画のことでまだ怒ってる?






その次の年には全く同じものが2通届いた

これもメッセージなしで・・

体調悪くて家族の誰かが代理で印刷し

間違えてWって寄越したのかもしれないと思った






気になりながらも

当時は自分のほうもかなり色々あって

連絡する気力もないような状態だったので

年賀状自体をサボった






そしたら翌年から来なくなった



















お姉さんは若年性認知症だった


入退院を繰り返し最期は肺炎で亡くなったと


赤ちゃんの頃一度 


そして大きくなってから一度会ったことのある娘さんから聞いた










バイト先で知り合って以来切れ切れのお付き合いだったけど


優しい声と笑顔はいつまでも忘れられない 


人と付き合うのが苦手な棘の多い私を積極的に呼び出して


温かくもてなし


私の臆病で反抗的なハリネズミの棘を何千本も抜いてくれた人だった

















にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

























Tags:# 
■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-15 15:44 | | Trackback | Comments(0)

お姉さんと御姐さん





バイト先で知り合って仲良くなった友達

・・なぜか私のことを おねーさん と呼ぶので

私も彼女の事を おねーさん と呼ぶことにした



勇ましいことばかり口にする私のことを

頼もしい 御姐さん と思っていたのかもしれない


私より2つ3つ年上だったので

自分にとっての彼女は文字通りの お姉さん だった



会えば冗談ばかり言い合って笑い転げていた



そのうち少し深い話もするようになり

詳しくはわからないがなんとなく

彼女は今恋愛中なのだな と感じていた

しかもあまり上手く行ってないような・・









しばらくみかけなかった後に会った時の彼女は

とても痩せていて顔色も悪く

なんだか憔悴しきった様子だった

どうしたのかと訊いたら

北海道に行っていたのだという



え~~~?北海道! いいねえ(= ̄∇ ̄=)

夏の北海道―――青い空 白い雲 お花畑 

真夏でも涼しい北海道~♪




「そんなんじゃないのよ御姐さん

北海道に行けば死ねると思って・・・」




いつもの冗談かと思ったら

本気でそう思っていたらしい





でも死ねなかったと





その時のことはあまり詳しくは聞かなかったのだけど

北海道から帰ってから

お姉さんは少しずつシアワセな感じになっていった


終業後のデートも毎日のようだったし

北海道事件がきっかけで

彼氏と上手く行くようになったんだ~

と思ってた













お姉さんが少しずつ

自分の事を話してくれるようになった





ずっと付き合ってきた相手との

結婚話が難航している


双方の両親から反対されている


自分の親からは

「農家の嫁など 体力のないお前には務まらない」

と言われ

同じようなことを相手の親からも言われたという



相手が優柔不断なのでいつまでたっても結論が出ない

先へ進めない

と 悩むお姉さん


死にたいと思い詰めるほど

彼女を追い詰めている相手は

同じ職場の人らしい


会ったこともないその相手に

私は腹を立てていた





今度その相手に会わせてくれるという





4歳年下の優柔不断男!

彼女のこと 本当に愛してるんなら

なんとかしなさいよー

あんたは農家の長男で跡継ぎである

などという下らないことにこだわってるの?

で 

親に言われたとおりの相手と結婚するわけ?


お前は家畜か!?

―――とまでは言わないけど


お姉さんのことを本当に好きで結婚したいのなら

親を説得する方法はいくらでもあるし

最悪 駆け落ちってテもあるんだよ


ぐらいのことは言うつもりだった




そんな気配を察したのか

彼女は土壇場になって

「御姐さん もういい 何も言わないで!」

と私の出番を塞いだ




その時は えっ?なんで?

言ってほしいんじゃなかったの?と思ったけど



今ならわかる


自分が何か言うことで

相手は結局追い詰められ

良い方向には進まない ってことが



お姉さんには直感的にわかったのだろう





今なら・・・・今なら・・・

じっくりと相手の気持や考えをきいて

冷静な判断を下せる方向に持っていく

なんてこともするのだろうけど

あの頃は貧血なのに血の気が多かった( ̄m ̄〃)




お姉さんが止めてくれてほんとうによかった


ぶちこわさなくて(。-`ω´-)












にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村































Tags:# 
■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-14 17:35 | | Trackback | Comments(0)

朝の7時と夜の7時

このところ


台風だか低気圧だかのせいなのか眠くて眠くて・・・・







睡眠薬代わりに本を読んでたらこれがまた面白過ぎてついつい夜更してしまい


3時頃にようやく眠りに就き


目が覚めたと思ったらまだ朝方の5時だったりする








きのう


時計を見たら7時で微かな胃痛あり


朝はうちはセルフなので2度寝しようと思いながら


徐々に朝ではなく夜だということに気付く


それから慌てて飛び起きて晩御飯を30分ぐらいで仕上げた



311以前なら「あーもうピザにしよヽ(`Д´#)ノ」とか


「どっか食べ行く?Ψ( `▽´ )Ψ」とか


マジメに作ることから気軽に逃げてたんだけどね


今はもう・・・((( =ω=)))無理無理無理無理







あの頃に戻りたい~


なーんも考えず 無知でシアワセだった頃に












それにしても朝の7時と夜の7時が同じぐらいの明るさって


まぎらわしいわっヽ( )`ε´( )ノ













にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村



























 
■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-10 14:31 | ピース | Trackback | Comments(0)

先生攻撃



Mちゃんの小学2年生のときの担任は

真っ赤な口紅を塗った唇でブチュッとマーキング攻撃

を仕掛けてきたそうだ



教え子とのスキンシップを図るためだったらしい







ユニークな先生がワンサカいた中学校時代になると

出っ歯を駆使してやたら頭に噛み付く先生がいたとのこと(´ロ`ノ)ノ





卒業式のときにありきたりのはなむけの言葉では面白くないので

「数日前にアゴが外れて病院の待合室で待っている間ヨダレが止まらなかった」

などと最後まで笑わせてくれたそうで(T▽T)








こういう型破りな先生というのは案外子供たちの記憶に末永く留まって

こんな大人もいるんだよ~ 人生捨てたもんじゃないだろう?

もっと自由に 面白おかしく生きようぜ!

みたいなポジティブなメッセージを発し続けているのかもしれません












にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村


























■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-06 14:27 | ピース | Trackback | Comments(0)

ノリノリメタル系



ヘヴィメタでノリノリのオウム







デスメタでノリノリのオウム







デスメタで声を出し尽くした雄鶏









首を前後に揺するという単調な動きが

鳥を虜にするようだ












にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村





























■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-07-03 21:30 | ピース | Trackback | Comments(0)

6月の空




薄絹を纏った楕円の太陽 





下旬に入って空の濁りが増している





濁っていても太陽周りを飛んでいる物は





相変らず時々くっきり姿をあらわす












狂っているとしか思えない政治家たち





眠っているとしか思えない自分たち





誰かが真実を叫んでいても





頭が翳んでいて目が見えない





耳も聴こえ難い













テレビから流れる子守唄にうっとり聴き入りながら





ゴミの山に囲まれて暮らすシアワセに溺れる子供たち





都会から投げ捨てられた毒の海 毒の山ではもう遊べないので





仮想ゲームでアドレナリン中毒になるしかない










時間泥棒に盗まれた未来を取り戻すには


何をどうすればいいのだろう











にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村


























Tags:# # 
■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-06-29 17:05 | ピース | Trackback | Comments(0)

眠れないのなら



あっ(゜ロ゜ノ)ノ というまに爆睡できるクスリをしばらく止めてみた



心配事 悩み事 憂いなどでボロボロになった脳を

強制的に休ませてくれる便利なヤツ


楽なのでついつい常習してたら何となく副作用が・・

出てきてるような感じがして(*v.v)。









一週間止めた後 昨夜また試しに服用して比較してみたら

やはり飲むと視覚 嗅覚 味覚 が変になるような気がする

軽く頭痛もするし



その上ぼーっとして一日眠いダルイ身体が重い

・・ってこれ

飲んでないときと同じやんヽ(`Д´#)ノ




あっというまに爆睡できるのはありがたいんだけど・・

強制睡眠の質とかはどうなんだろう







元々 慣れない外仕事とか友達と旅行に行ったときなどに

キンチョーやら興奮やら枕が変わったことなどで眠れなかった日の翌日

地面が揺れて顔に近付いてくる→酷い眩暈の症状 に悩まされ

お仕事や楽しい旅が台無しになったことがきっかけで不眠恐怖になって以来

安眠剤に依存するようになってしまったのだった






止めたときの

苦しい離脱症状を覚悟してたけど

眠れないという元々の苦しさに戻っただけで結局どうってことなかったし


まとめて長時間眠れないだけで切れ切れになら眠れて

その都度ある程度のスッキリ感はあるし

首から上の違和感も頭痛もないし

今はヒッキーなので気兼ねなくいつでも倒れられるし









           眠れないのなら 眠らなければいいじゃない
                                まりーあんとわねっと







ということで当分このまま積極的不眠療法を続けてみようと思う













にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村



























Tags:# 
■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-06-26 14:27 | ピース | Trackback | Comments(0)

異星人の特徴



図らずも異星人と結婚した友人Jが―――




★異星人は頭が悪い=自分が地球外生命体だということに気付いていない



★異星人は自己中=地球人の感情を理解できない

特に思いやりとか哀れみとか慈しみとかの感情が希薄



★計算が苦手=あるか ないか→0と1しか理解できない



★セッカチで大食い=食物をよく噛まないのでアゴが小さく

どちらかというと肉食である



★運動嫌いなのだが逃げ足は速い



★異星人だけにヾ(≧▽≦)ノ彡

異性にはモテるが同性からは嫌われる



★身体的な適応能力は高いが精神的適応力が低い



★気が強く好戦的で支配欲が強い



★実は臆病



★コンピュータの扱いに関しては

特に学習したこともないのに”何となくわかる”らしい



★歩くジャイロスコープと言えるほど方向感覚が優れている



★木や植物などの自然物より金属的なもの 無機質なものを好む



★高速運転を好む






―――などと異星人の特徴を詳しく教えてくれた( ̄m ̄〃)







そして長い間

地球人である自分と暮らしてるうちに

ダースベイダーの鎧をすっかり脱ぎ捨てて

ジャージャービンクスにシェイプシフトしたんだって\(◎o◎)/











ジャージャーになってからは

今のところ性格の悪い意気地なしだそうで

これからまたどんな異星人にシェイプシフトするのか

超楽しみ・・ってヾ(--;)ぉぃぉぃ




かなり偏りつつ

相変らずぶっ飛んでるJの見解ヾ(≧▽≦)ノ彡









なんだけど








これはたぶん

JのDANNAも100パーセント異星人なのではなくハイブリッドで

異星人率が比較的高いだけ なのではと・・(*v.v)。我思う




ハイブリッド化はかなり進んでいて(もちろん あなたもわたしもハイブリッド)

地球という星と一体化してた頃の記憶を持つ生命体としての純人類は

いつかは絶滅するのかも







自然より金が好きで感情がなくな・・・

ってる人・・


・・増えてるような気がする((( =ω=)))




















にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村



























■  [PR]
# by nanoo6B | 2014-06-22 00:39 | ピース | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >